「OUR LIFE」
最新情報BLOG

ビルマ難民キャンプに生きる少年と家族の物語

◇撮影・編集・監督 直井里予◇

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

上映予定更新しました。

九州プレミア上映決定!
10/2(日)大分: おおいた国際協力啓発月間 in 2011
「OUR LIFE~僕らの難民キャンプの日々」上映&講演会
スポンサーサイト

| 上映情報 | 11:38 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

上映予定更新しました。

6/17(金)「1th難民シネマ」東京 桜美林大学 18:00~(Q&A)
6/25(土)「第2回 難民映画会」豊田市 (あすて) 14:00~
http://www.riporipo.com/ourlife/movie.html
IMG_0946.jpg

| 上映情報 | 13:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

上映予定更新しました。

『第35回「映像なんでも観る会」(京大)』5/25(水)
http://www.riporipo.com/ourlife/movie.html

京大HP(東南アジア研究所)リンク先↓
http://www.cseas.kyoto-u.ac.jp/seminars/latest-seminar-list_ja.html#20110525

*『OUR LIFE』自主上映の申し込み受付を開始しています。
今後、6月の愛知県豊田市での上映などが予定されていますが、
詳細が決まり次第【上映予定】を更新していきます。

| 上映情報 | 12:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

上映予定更新しました(2011年)。

『第1回*グローバリゼーションとひとの移動映画祭@きょうと』
http://www.riporipo.com/ourlife/movie.html

| 上映情報 | 06:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

プレスリリース (上映日と初日舞台挨拶が決定しました)。

PRESS RELEASE
2010年9月24日
関係者各位

 ビルマ難民ドキュメンタリー映画『OUR LIFE―僕らの難民キャンプの日々』      
     『UNHCR難民映画祭2010』にて日本初上映決定
      http://www.riporipo.com/ourlife/


 10月1日より東京で開催されます「UNHCR難民映画祭2010」におきまして、下記の通り、ビルマ(ミャンマー)難民のドキュメンタリー映画『OUR LIFE―僕らの難民キャンプの日々』の上映が決定しましたので、お知らせ申し上げます。
 本作品は、タイ在住の日本人監督がタイービルマ国境の難民キャンプで2008年より撮影・製作を開始し、2010年8月に完成した作品です。つきましては、貴媒体で多くの方にご紹介くださいますよう、お願い申し上げます。

「5th UNHCR難民映画祭2010」http://unhcr.refugeefilm.org/2010/ 
[上映日]
10/9 (土) 18:00―19:25 Q&A (SVA現地スタッフ登壇予定 *詳細は下記)
10/10 (日) 13:00―14:25 Q&A


[場所] イタリア文化会館 http://unhcr.refugeefilm.org/2010/venues/#shutoken 
(東京メトロ東西線・半蔵門線、都営新宿線「九段下」駅:2番出口より徒歩10分)
[入場] 無料(予約不要・先着順)
[主催/お問い合わせ] 国連難民高等弁務官(UNHCR)駐日事務所、国連UNHCR協会
Tel:03-3499-2310 Fax 03-3499-2272

[タイトル]『OUR LIFE-僕らの難民キャンプの日々』
~そも、汝らの戦いは何処より来るや~ 
[公式HP]:www.riporipo.com.ourlife

[ストーリー] ダラツー君(14歳・小6)は、タイービルマ国境の難民キャンプ生まれのカレン人。将来は、カレン兵士になりカレン民族のために戦いたいというが、中学に入る直前、アメリカ兵士になりたいと言い出す。そして次第に、キャンプに押し寄せる市場経済の波に翻弄されるようになっていく。ウィリアム先生(29歳)は、ビルマ国内生まれのカレン人。12歳の時にタイに移住し、タイのIDを持つが、キャンプの大学に入学。民族独立のためには教育が必要だと、卒業後もキャンプに残り、大学で英語を教えている。お正月休み、先生が援助のために、はじめてビルマ国内避難民のもとへと向かった。ウィリアム先生がそこで見たものとは・・・。

◇撮影・編集・監督 直井里予◇<日本-タイ/2010/85分/カレン、ビルマ、英語(日・英字幕)/DVCAM/Color>
制作総指揮:瀬戸正夫、野中章弘、吉田敏浩、赤塚順
編集協力:プッサジ・ピパット、秦岳志
コーディネーター・通訳:ノウ・ジュリア 撮影協力:サ・ウィリアム
翻訳・字幕:ソウ・トム、ネイソン・バデノック、ナン・マイ・トン
宣伝協力:チェストパス
製作:直井里予、アジアプレス・インターナショナル

[監督プロフィール]
(なおい・りよ)1970年茨城県生まれ。ワシントン州立大学コミュニケーション学部修士課程修了。アジアプレス・インターナショナル所属(www.asiapress.org)。1999年からタイ在住。2001~2005年にタイ北部にてHIV陽性者のドキュメンタリー映画『Yesterday Today Tomorrow ~ 昨日 今日 そして明日へ・・・』(2005)を製作。台湾国際ドキュメンタリー映画祭2006で「審査員特別賞・アジア部門」を受賞。日本とタイの約100か所で自主上映された。釜山国際映画祭の助成基金受賞作品、続編『アンナの道~私からあなたへ・・・』(2009)は、『ドキュメンタリー・ドリームショー山形in東京2010』から国内一般上映を開始 (10/17上映)。10月15日には初の著書『アンナの道―HIVとともにタイに生きる』(岩波書店)が出版予定。新作、『OUR LIFE』は「UNHCR難民映画祭2010」で日本初上映される。現在、ドキュメンタリー映画第4作目『バンコク物語(仮)』を製作中。

<ご担当記者様へ> 皆さまのご支援を何卒宜しくお願いいたします。上映日両日とも会場に監督の直井里予がおりますので、上映後の取材も可能です。ぜひお気軽にお問い合わせ下さい。尚、9日(土)上映後のQ&Aでは、難民キャンプで教育支援活動をしているNGO「シャンティ国際ボランティア会」(SVA)の現地カレン人スタッフも来日し、登壇予定です。また、会場では渋谷敦志(アジアプレス)のビルマ難民の写真が展示される予定です。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
<プレスリリースに関するお問い合わせ>
アジアプレス・インターナショナル
Tel:090-5506-7127(担当:直井) E-mail:naoiriyo@gmail.com  
詳細は映画公式HP http://www.riporipo.comをご覧下さい。

| 上映情報 | 10:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。